全レッスン制覇!DMM英会話教材「発音」レッスンの感想と内容

この記事では、DMM英会話教材「発音」レッスンの感想と内容を紹介します。

 

初心者ぽっぽ
発音がわるくて、自分の英語に自信がもてない…。
DMM英会話のレッスンは効果でるのかな?
この記事では、このようなお悩みをスッキリさせます。

 

最近では、Youtubeをつかって、発音の学習ができるようになりました。

でも理屈はわかっても、結局それだけでは正しい音が出ているのか判断がむずかしくないですか?

 

正しく口まわりの使うことはもちろんですが、あなた以外のだれかに正しいかどうかを確認してもらわないと上達しないんですよね。

 

だからこの記事では、全レッスンを制覇したわたしが、DMM英会話教材の「発音」レッスンについて徹底的に解説していきます。

 

以下の疑問を持っている方は、この記事で解決できますよ!

  • DMM英会話教材「発音」のメリットとデメリットは?
  • どうやってレッスンを受ければ、効果が上がるの?
  • やっぱりネイティブから学んだ方がいい?
  • 全レッスンを受けて効果がでた?

 

 

丸わかり結論

DMM英会話の教材を使った「発音」レッスンのメリットとデメリットをまとめます。

メリットデメリット
  1. 徹底的に矯正してくれる
  2. 口・舌・表情筋の動きを理解できる
  3. 日本人がまちがえやすい音をまなべる
  1. ていねいに矯正してくれない講師もいる
  2. 細かな違いがわかりにくい
  3. なまりのある講師だとわかりにくい

こんなデメリットもありますが、どのオンライン英会話でも同じ点なので、あなた次第でかなりカバーできます!

 

わたしはもともと、【The 日本人】の発音しかできなくて、英語をはなすときは自信が持てませんでした。

でも、DMM英会話でレッスンを受けることで、英語を話すたびに「あ、今わたし英語を上手に話せてる!」って思えるようになります。

 

いまなら無料で2回の体験レッスンができるので、効果を実感してみてはいかがですか?

>>1分で完了!無料体験の登録方法はこちら

\自信を持って英語を話してみない?/

 

 

このサイトの著者

  • 6ヶ月でTOEIC400点→900点達成
  • 英会話スクールを効果的に利用中(2020/2月から)
  • TOEIC945点(2020/12時点)
  • 海外留学経験なしで、国内留学で英語を極める
  • 100%実体験をもとに記事執筆

 

みくり
失敗しない英語の勉強術を紹介してるよ!

 

目次

【全レッスン制覇】DMM英会話教材「発音」の感想|メリット_3選

DMM英会話の「発音」教材の感想として、レッスンのメリットをお伝えします。

 

メリットにもなりますが、以下の3つです。

  1. 徹底的に発音矯正してくれる
  2. 日本人がよく間違える音をまなべる
  3. 口・舌・表情筋の動きを確認しながら実践できる

ひとつずつ解説していきますね。

 

①徹底的に発音矯正してくれる

徹底的に発音矯正してくれます。

これはマンツーマンだからこそですが、講師が細かいところをチェックしてくれるからですね。

 

たとえば、

  • 発音は正しいのか
  • どの音がまちがっているのか
  • どうすれば正しく発音できるのか

この3つのことをメインに、ていねいに教えてくれます。

  • 「もう少し口を閉じてみて!」
  • 「息の流れを舌で変える感覚を覚えよう。」

このように指摘をくれるので、発音も上達しやすい環境がととのっています。

 

わたしの場合はレッスンが始まるまえに、「すこしでも違和感があるようなら、指摘してほしい」と念を押してお願いしていました。

でもそのおかげで、わたしのガチ度が講師にも伝わり、ガチで指摘をしてきてくれます。

みくり
時には、グサッとくつこともあったけど、これも自分のため!!

 

②日本人がよくまちがえる音をまなべる

日本人がよくまちがえる音をまなべます。

レッスンの中には、日本人がよくまちがえる発音を練習できるエクササイズがあり、徹底的に矯正することが可能です。

 

例えば、日本語だと、単に「ア」でも、英語では、/ə/ とか /æ/とか・・・わかれています。

みくり
日本語にはない音だからむずかしい… > <
でも、DMM英会話の教材では、発音の仕方を定着させるために、
まずは、ひとつの英単語を使って練習。そのあと短い・長い文章をよんで練習。

このように、なるべく実践で使えるように体に覚えさせるような工夫してくれています。

 

このようなレッスンだからこそ、日本人がよくまちがえる発音でも自然と口の形や舌が動くようになるんです。

みくり
レッスン中にたくさん練習できるよ!

 

③口・舌・表情筋の動きを確認しながら実践できる

口・舌・表情筋の動きを確認しながら実践できます。

なぜなら、講師がカメラで、口まわりを見せながら解説してくれるし、あなたの発音をきいて適切な指摘をくれるからです。

 

一方的に「〇〇してみましょう」といわれるYoutubeとはことなり、あなたも実践して練習ができます。

 

DMM英会話のレッスン中は、講師の顔はもちろん、あなた自身の顔も確認することができるので、あなたの口周りも確認しながら練習できます。

 

スマホやタブレットで受けるときは、画面が小さいので注意点と対処方法を、こちらの記事にまとめています。

>>【受けづらさ解消法あり】DMM英会話のタブレット・スマホでの受け方と注意点

 

>>今すぐ0円でDMM英会話でレッスンを受けてみる!

 

DMM英会話教材の「発音」レッスンのデメリット_3選

つぎに、発音教材をつかったレッスンを受けてみて、デメリットだと感じたことをまとめます。

 

みくり
もちろん完璧なレッスンばかりではなかったよ。

 

  1. ていねいに矯正してくれない講師もいる
  2. 講師の細かな発音の違いがわかりにくい
  3. なまりのある講師だと正しい発音がわかりにくい

一つずつ解説します。

 

①ていねいに矯正してくれない講師もいる

ていねいに矯正してくれない講師もいます。

 

これは、

  • 講師が発音記号を理解していない
  • 「だいたい合ってるから大丈夫」と判断している
  • 講師(非ネイティブ)自身も正しく発音できていない

このような理由からです。

 

DMM英会話には、「英語を教える資格」を持っている講師もいるのですが、アルバイトで講師をしている方もいます。

だから、細かい違いがわからなかったり、ひとまず理解できるからOKをだす講師も。

 

このように、全講師が発音の教え方をマスターしているわけではないんです。

 

初心者ぽっぽ
こういう講師はハズレだね…

 

②講師の細かな発音の違いがわかりにくい

講師の細かな発音の違いがわかりにくいです。

これは対面でレッスンをしているのではなく、オンラインだからこその問題です。

 

みくり
これは、ほかのオンライン英会話でも同じだよ > <

 

わたしは必ずWi-Fiをつかい、イヤホンをつけてレッスンを受けていますが、やっぱり細かな発音が聞き取りにくい時あります。

 

対面だったらキレイに聞こえる声も、オンラインでは、こもってしまう感じです。

 

③なまりのある講師だと正しい発音がわかりにくい

なまりがある講師だと正しい発音がわかりにくいことがあります。

英語は英語でも、全員が標準英語を話しているわけではないからです。

 

例えば、日本語でも関西弁、東北弁がありますよね?

 

英語でもおなじです。

 

非ネイティブ講師の場合、フィリピン人講師はフィリピンの、セルビア人はセルビアのなまりが少なからずあります。

本業でコールセンター勤務をしている方は、アメリカ発音に矯正している講師も。

 

また、アメリカ国内で考えたとしても、上(カナダ寄り)と下(メキシコ寄り)では発音が異なります。

この動画で発音が州によって異なることが、すぐわかりますよ。

 

DMM英会話の「発音」教材を使ったレッスンの流れ

DMM英会話の「発音」教材をつかったレッスンの流れを紹介します。

  1. 発音の練習
  2. 文章の練習
  3. 音探し
  4. 早口言葉

それぞれのエクササイズで、どんなことをするのかを簡単に紹介します。

 

①発音の練習

まずは、【英単語】単位で正しい発音ができるようにトレーニングをします。

 

とくにリクエストしない限りは、「講師が発音した後に、あなたが発音をする」の繰り返しです。

ひとつずつ正しくできているかを確認してもらいながら進めます。


(引用:DMM英会話

 

②文章の練習

次は、【文章】単位での発音練習です。

先ほどのように、【単語】だけではなく、このレッスンで学ぶ発音がふくまれる単語を文章で読んでいきます。

 


(引用:DMM英会話

 


(引用:DMM英会話

 

文章になると、まだ習っていない発音も出てきますが、まずはこのレッスンでまなぶ発音のみにフォーカスをおくように進みます。

 

みくり
意識しないと正しくできないから、集中力が必要だよ!

③音探し

次は、音探しです。

このエクササイズでは、指定された発音記号とおなじ音を含んでいる英単語をえらぶクイズです。

ひとつずつ発音をして、確認していくことになります。

 

みくり
最初はかなり難しいよ > <
このエクササイズでは、ただ単に答えだけを教えてもらうのではなく、再度講師といっしょに発音の練習をするといいですよ!

 

④早口言葉

早口言葉もエクササイズもあります。

 

これは、同じ音をふくむ単語がたくさん入っている文章を読むことで、音を定着させようとするものです。

実践的ではないですが、正しい音を発音するために、口まわりの動きを定着させるには、かなりつかえます。

 

ただ、ネイティブの講師でも「むずいっ!!笑」となっている方もいるので、早口で言えなくても問題はないです。

 

>>今すぐDMM英会話で発音レッスンを受けてみる!

より効果を出すための発音レッスンの受け方

より効果を出すための発音レッスンの受け方をお伝えします。

 

もちろん単純に、エクササイズ1から順番にすすめば、上達可能です。

でも、かなり時間がかかったり、最悪の場合、まちがった発音を身につけてしまう危険性もあります。

 

より効果を出す発音レッスンにするには、以下の5つを意識しましょう。

  1. 予習よりも復習に力をいれる
  2. レッスン中の発音を録音しておく
  3. 適切な指摘をしてくれる講師を見つける
  4. 理想の発音をしている講師からレッスンを受ける
  5. Airpodなどの音がきれいに聞き取れるイヤホンをつける

一つずつ解説します。

 

①予習よりも復習に力をいれる

予習よりも復習に力を入れるようにしましょう。

これは、予習をすることで、まちがった発音を身につけないためです。

 

ただ、レッスンをスムーズに進めてもらうためには、教材の中にある【Tip】を事前に確認しておくことをおすすめします。


(引用:DMM英会話

 

これを確認しつつ、単語の読みくらいは頭に入れておくとスムーズにレッスンが行えます。

 

たとえば、レッスンで、/ə/ & /æ/ をまなぶときは、

  • 【予習】口や舌の動かし方・単語の読み(common→コモン)を確認しておく
  • 【レッスン中】講師のあとに発音をして、正しいかどうかを判断してもらう
  • 【復習】レッスンで習ったことを、再度ひとりで練習してみる

 

とくに英語初心者の場合は、正しく発音しているかの判断が自分ではつきにくいんです。

だからこそ、レッスン中に正しいやり方を身につけ、復習で定着させたほうが効率もよくなります。

 

②レッスン中の発音を録音しておく

レッスン中の発音を録音しておきましょう。

こうすることで、レッスン後でも正しい発音を確かめることができます。

 

また講師の口の動かし方や解説も記録できるので、復習としてはめちゃくちゃつかえます。

 

英語の発音は、一度レッスンで習っただけでは定着できないので、反復練習が必要です。

あなたが受けたレッスンを録音しておくことで、復習するときにも役立ちます。

 

③適切な指摘をしてくれる講師を見つける

適切な指摘をしてくれる講師を見つけます。

なぜなら、講師の中には、正しく指摘してくれない講師もいるからです。

 

でも、これまでDMM英会話で発音レッスンを受けてきてわかった、きちんと教えてくれる講師を探す方法としては、

講師検索の画面で「pronunciation」・「発音」で検索をかけてみる

 

以下のように検索をすることで、発音を教えることが得意な講師を見つけやすいです。


(引用:DMM英会話

 

みくり
わたしは、これでいい講師と出会えたよ♪

 

そのほか、発音だけでなく、教え方やレッスン中の態度など、一般的にいい講師を見つけるコツをまとめています。

こちらの記事に書いているので、気になる方はどうぞ。

>>【DMM英会話】あなたの英語力を上げてくれる講師の選び方_7選

 

適切な指摘をもらわないと、これからもまちがって発音する可能性が高いので、この点はかなり意識しましょう。

 

④理想の発音をしている講師からレッスンを受ける

理想の発音をしている講師からレッスンを受けましょう。

英語にも、いろんななまりがあるので、 あなたが身につけたい発音をしているかを動画で確認することが大切です。

 

ちなみに、非ネイティブ講師で発音がよければ、矯正の経験があるはず。→教え方もうまい可能性あり。


(引用:DMM英会話

 

女性が男性講師から学ぶよりも女性講師から学ぶ方が、より自分が発音しているイメージがしやすいです。

みくり
ぶっちゃけモノマネをする感じ。

でも男性となると、声質や声の高さとかも違うのでまねしにくい!

これは、逆の場合もおなじかなと思います。

 

⑤Airpodなどの音がきれいに聞き取れるイヤホンをつける

Airpodなどの音がきれいに聞き取れるイヤホンをつけます。

これは、講師の発音をできるだけ、クリアに聞き取るためです。

 

みくり
やっぱりオンライン英会話だから、生で声を聞くのとはちがうよ。

 

だから当然、講師の発音が聞き取りずらいときもあります。

講師にマイクの近くで発音をしてもらうようにお願いもしましたが、Apple AirPodsの購をしたことで、大幅に改善されました。

 

「ただ単に欲しかった」という理由もありますが(笑)、実際に使ってみるとやっぱり音がキレイなんですよね。

 

>>さっそくDMM英会話で発音レッスンを受けてみる!

 

【全レッスン制覇した感想】DMM英会話の教材「発音」の効果はある!

結論から伝えると、効果はあります。

わたしの場合は、DMM英会話での「発音」教材を使ったレッスンはとっても有益なものでした。

 

DMM英会話で学習をしはじめたころは、【The 日本人】の発音でしたが、全レッスン(50回分)を制覇したことで

  1. 英語をはなす自信がつく
  2. まわりから発音がいいと言われるようになる
  3. ネイティブから聞き直される機会が圧倒的に減る

このような効果が得られることがわかりました。

 

①英語をはなす自信がつく

英語をはなす自信がつきました。

これはもちろん、正しい発音の仕方を身につけて、少しずつ正しいものになってきたからです。

 

英語を話せる人が「発音は二の次だ!」とよくいっていますが、話している本人としては、やっぱり納得できないですよね?

初心者ぽっぽ
話すことが大事ってことはわかるんだけどね・・・

 

これまで英語の発音がめちゃくちゃ【The 日本人】だったので、自分で聞いていても

「は〜、なんか抑揚がなくて、カタカナ英語だな」と。

 

でも、レッスンを通して自分の英語に自信を持てたのは、かなりの収穫です!

 

しかも、ネイティブ発音に近づけたので、リスニング力も上がりました。

DMM英会話を効果的に使う方法はこちらの記事にまとめています。

>>DMM英会話の効果的な使い方7選【6ヶ月でTOEIC400→900達成できた】

 

②まわりから発音がいいと言われるようになる

まわりの人から発音がいいと言われるようになりました。

これも、英語の音の出し方を学び、ネイティブに近づいているからだと思います。

 

たとえば、仕事中に、

「みくりさん、発音いいね!どうやって勉強してるの?」

「発音めっちゃ上達してない?!すごーー!!」

 

こんな感じで、周りの人から聞いてもかなり上がったということです。

 

こうやって褒められるのは嬉しくない人はいないっ!

 

③ネイティブから聞き直される機会が圧倒的に減る

ネイティブから英語を聞き直される機会が圧倒的に減りました。

 

これは発音レッスンで練習した以下の3点が、実践でかなり生かされたからです。

  • 音の省略
  • スムーズさ
  • 細かな発音のちがい

 

DMM英会話でレッスンを受けるまでは、自分の発音があっているのかわからず、見様見真似で英語を話してきました。

でも基礎学習と実践練習のおかげで、よりネイティブっぽく聞こえるようになったんだなと実感しています。

 

\今すぐ無料でやってみる!/

 

DMM英会話の教材「発音」のレッスンに関するQ&A

DMM英会話の教材「発音」を使ったレッスンに関するQ&Aです。

  1. どのくらいのレッスンを受けるべきか
  2. 教材をすれば、必ず正しい発音が身につくかどうか
  3. 発音のレッスンはネイティブの方が良いかどうか

 

一つずつ回答します。

①どのくらいのレッスンを受ける必要があるのか

DMM英会話の「発音」教材には、全50回分のレッスンが用意されています。

 

そのため、

  • 【基礎の基礎から1つずつやっていきたい方】:1から全てを行う
  • 【すでに習得している発音がある】:その部分をスキップして、できないところだけを行う

このようにあなたのレベルに応じて必要なレッスンをうければOKです。

 

ちなみに、わたしは1からレッスンを行ったので、50日間かかりました。

みくり
しかも苦手なところは2回以上受けたから、それ以上。

 

②教材をすれば、必ず正しい発音が身につくかどうか

個人差があるので、100%身につくとは言い切れません。

ただ教材をうまく使うことはもちろん、復習で正しい発音の感覚をつかんでいくことで、身につくようになります。

 

初心者ぽっぽ
やっぱり自分次第なところはあるよね。

わたしの場合は、人の話し方をまねることが得意ということもあるので、習得が人と比べて早かった可能性があります。

ただ、正しい口・舌・息の出し方などを習得すれば、原理的には正しく発音をすることが可能です。

 

③発音のレッスンはネイティブの方が良いかどうか

正直、ネイティブをおすすめします。

なぜかというと、やっぱりネイティブ(主にアメリカ)の発音に聞き慣れているし、今はまだ世界基準となっているからです。

初心者ぽっぽ
たしかにそうだよね!

ただ、近年では英語を話すネイティブの数よりも非ネイティブの数が多い時代です。

だから非ネイティブ講師でもあなたの理想の発音をしている方がいれば、その講師からレッスンをうけることをおすすめします。

 

「まずはスタンダードの発音を習っておこう」という場合は、慣れるまでアメリカ人講師(または、なまりが気にならない講師)を選んでみましょう。

 

今すぐDMM英会話で発音をマスターしよう!

この記事では、DMM英会話教材「発音」レッスンの感想と内容を紹介しました。

 

再度まとめてみると、

DMM英会話の教材を使った「発音」レッスンのメリットとデメリットは、

メリットデメリット
  1. 徹底的に発音矯正してくれる
  2. 口・舌・表情筋の動きを理解できる
  3. 日本人がまちがえやすい音をまなべる
  1. ていねいに矯正してくれない講師もいる
  2. 講師の細かな発音の違いがわかりにくい
  3. なまりのある講師だと正しい発音がわかりにくい

 

ただし、以下のような工夫をすることで、このデメリットをカバーすることができます。

  1. 予習よりも復習に力をいれる
  2. レッスン中の発音を録音しておく
  3. 適切な指摘をしてくれる講師を見つける
  4. 理想の発音をしている講師からレッスンを受ける
  5. Airpodなどの音がきれいに聞き取れるイヤホンをつける

 

わたしはもともと、【The 日本人】の発音しかできませんでしたが、DMM英会話教材の「発音」を使ってレッスンを受けることで、

  1. 英語をはなす自信がつく
  2. まわりから発音がいいと言われるようになる
  3. ネイティブから聞き直される機会が圧倒的に減る

このような効果が得られます。

 

ちなみに、本格的にガッツリ発音矯正スクールに通おうとすると、1回のレッスンで6000円くらいは普通にかかります。

初心者ぽっぽ
え、そんなに!?

だから、DMM英会話を工夫して使えば、かなり格安で矯正をして、あなたの理想の発音を手に入れることが可能です。

 

発音が良くなるだけで、英語を話していても気持ちがいいので、この機会に試してみてくださいね。

 

無料の体験レッスンを受けていない方は、2分もあれば登録・講師予約できるので、ぜひ!

 

「無料体験ってどうやって申し込めば良いの?」という場合は、【丸わかり】DMM英会話の無料体験の期限・内容・注意点を紹介で、スクショを使って1からお伝えしています。

 

\自信を持って英語を話してみない?/

 

>>【完全版】DMM英会話で初心者がフリートークをする方法_5ステップ