【攻略】レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」の内容と対策・コツ

この記事では、レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」の内容と対策・コツをまとめています。

 

初心者ぽっぽ
  • どんな内容なの?
  • 対策はどうすればいいの?
  • 点数を高めるコツは?
  • ビジネス英語が必要?

 

こんなお悩みをスッキリ解決します。

 

レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」が無料で受けられるようになったので、受けてみようと思っている方も多いはずです。

 

でも、「どんなテストなのか」を知らずに受けると、なにも答えられずに悲惨な結果がかえってくる可能性がたかいです。

事実、なにも準備なしに受けたわたしがそうでした笑

 

この記事では「PROGOS」に興味をもつあなたのために、テストへの理解を深めてから受験できるようにまとめました。

この記事を読むことで、スピーキングテストの内容や、今すぐはじめられる対策や、少しでも高い点数をとるためのコツがわかるようになります。

 

丸わかり結論

レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」の内容は、

  1. インタビュー
  2. 音読
  3. プレゼンテーション
  4. グラフや図を使ったプレゼンテーション
  5. ロールプレー

 

また、対策としては以下の5つを意識する必要があります。

  1. インタビューは瞬発力
  2. 音読は正確さ
  3. プレゼンテーションは文章をつくる力
  4. グラフや図を使ったプレゼンテーションは説明力
  5. ロールプレーは対応力

 

記事内でくわしく内容や対策、レアジョブのおすすめ教材も紹介しています。

この記事を読むことで、これから受けるスピーキングテスト「PROGOS」で、すこしでも良い点数を取ることができますよ。

 

※無料体験の時にうける「レベルチェック」とはちがうので注意です。

>>【判定甘い?】レアジョブのレベルチェックで聞かれた質問と受けた感想

 

いますぐテストを受けたい方は、こちらからどうぞ!

無料で受けられるので、受けなきゃ損です!

 

このサイトの著者

  • 6ヶ月でTOEIC400点→900点達成
  • 英会話スクールを効果的に利用中(2020/2月から)
  • TOEIC945点(2020/12時点)
  • 海外留学経験なしで、国内留学で英語を極める
  • 100%実体験をもとに記事執筆

 

みくり
失敗しない英語の勉強術を紹介してるよ!

 

目次

【丸わかり】レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」の内容

まず、レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」の内容を紹介します。

 

スピーキングテストの構成は、以下のとおりです。

  1. インタビュー
  2. 音読
  3. プレゼンテーション
  4. グラフや図を使ったプレゼンテーション
  5. ロールプレー

この5つについて、それぞれ解説していきます。

 

①インタビュー

インタビューでは、英語での短い質問に対して、20秒以内で回答をします。

 

インタビューとなっていますが、「一問一答」形式です。

だから、聞かれたことに対して、時間内に簡潔にこたえる必要があります。

 

たとえば、以下のような質問です。

When did you start working at company?

回答例:I started working at my company in 2018./ I started working at my company on April 2018.

質問レベルとしては、中学生レベルの英語力があれば、かんたんに答えられるものもあります。

 

でも、テスト中に聞かれるとむずかしく感じてしまう人が多いです。

みくり
しかも、設問1から10にむけて、難易度も上がっていくので注意!

基本的には、最初の2〜3問はかんたんな質問で、後の7〜8問は、ビジネスよりの内容になります。

 

あなたの英語レベルに合わせて、ゆっくり質問されるわけではないので、初心者だと早くて聞き取れないこともあります。

 

②音読

音読問題では、画面にうつしだされる8つの文を読みあげます

一つの文章を読みあげる時間は、10秒以内です。

 

たとえば、このような文章が画面上に表示され、ビープ音がなるので、そのあとに10秒以内に音読します。

The company should develop an online application system for membership cards.

(引用:PROGOS

この設問でも、最初はみじかい文章からはじまり、徐々にながい文章(最大20単語くらい)になるので、レベルがあがります。

 

とくに初心者の場合、どうやって発音をすればいいのかわからない単語がでてくる可能性も高いです。

 

③プレゼンテーション

プレゼンテーションは、画面に表示された1つのトピックについて、はなします。

ただ、はなすときに、指定された内容を含めることが必須です。

 

この設問では、準備時間が40秒、回答時間が60秒です。

 

たとえば、以下のような問題が表示されます。

Talk about the first business trip you took.

You should say:

-When you took the business trip
-Why you went on the business trip
-How you got there

(引用:PROGOS

 

この問題のトピックは、「あなたがした出張について話してください」

そして、回答するときに必ずつたえるべき内容が、

「いつ行ったのか」「なぜ行ったのか」、「どうやって行ったのか」の3つです。

 

このように表示されるので、40秒の準備時間であなたの回答をまとめて、再度ビープ音のあとに回答します。

 

この設問から、ガッツリとビジネス要素が入ってきます。

レアジョブには、ビジネス英会話コースもあるので、コースを受講すると、ビジネス英会話を学べて、仕事でも効果を発揮するので、かなり役立ちます!

>>レアジョブのビジネス英会話の口コミ【本当に効果がでるのか徹底検証】

 

④グラフや図を使ったプレゼンテーション

グラフや図を使ったプレゼンテーションです。

これは設問③のように、一つのトピックについて回答を用意しますが、ここでは図やグラフを読み取ったうえで説明します。

 

たとえば、

This graph shows Company D’s e-Mail Magazine Subscribers.

Look at the information and talk about Company D’s e-Mail Magazine subscribers.


(引用:PROGOS

 

このように、図が表示されているので、40秒以内で正確に読み取り、答えを準備します。

 

⑤ロールプレー

最後の設問は、ロールプレーです。

表示された1つのトピックに関して、会話でのやりとりを想像しながらはなす必要があります。

 

設問は1つですが、その中で自動音声と対話をするように3回(各30秒ずつ)に分けて回答します。

準備時間は40秒です。

 

たとえば、

The speaker is talking to you bout a business dinner with a client. Please prepare to talk about:

*preparing for the business dinner
*things to do and not do during a business dinner

(引用:PROGOS

 

この問題では、相手(スピーカー)があなたに顧客とのビジネスディナー(会食や懇親会)について話しているので、指示されたことについて話します。

ここ指示されていることは、「ビジネスディナーの準備」、「ビジネスディナーですることしないこと」についてです。

 

そのシチュエーションに、あなた自身がいる想定ではなすことが求められています。

 

内容がわかったところで、早速受けてみたい方は、こちらから受けましょう!

問題に慣れることも大切ですよ!

>>レアジョブ英会話で「PROGOS」を受けてみる!

 

レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」の対策とコツ_5選

それでは、内容がわかったところで、どのように対策すればいいのか、少しでも高い点数をとるためのコツを紹介します。

  1. インタビューは瞬発力
  2. 音読は正確さ
  3. プレゼンテーションは文章をつくる力
  4. グラフや図を使ったプレゼンテーションは説明力
  5. ロールプレーは対応力

 

みくり
テストを受ける直前にできることも紹介するね!

 

ひとつずつ解説します。

 

①インタビューは瞬発力

まず、最初のインタビューは、瞬発力が必要です。

 

なぜなら準備時間がなく、きかれた質問にたいして、20秒以内でこたえる必要があるからです。

そのため、質問をきいたらすぐに理解して答える力がいります。

 

日頃のレッスンからおこえる対策としては、

  • 文法教材で正しい文法をまなぶ
  • スモールトーク教材で、回答力をみがく
  • 日常会話教材の【Challenge】パートで回答力をみがく
  • あなたの考えを知っている表現をつかって表現できるようにしておく

 

とくに、日常会話教材をつかうと、自然とあたらしい単語をおぼえることができます。

それに、講師との練習をとおしてリスニング力をあげることが可能なので、かなりいいですよ!

 

みくり
同時に、会話力もあげられるからおすすめ!

 

とくに初心者の方は、このパートで少しでも点数をとることが大切です。

コツとしては、

  • 正しい文法で答える
  • 単語や表現を幅広くつかう
  • 制限時間ギリギリまではなすように心がける
  • 回答にたいして、理由などを伝えることで答えを長くする
  • 質問の内容がわからない場合は、聞きとれた単語をもとに、ひとまず発言する
みくり
10個の質問をきかれるから、集中力も大切だよ!

すこしでも、発言すること、回答の質をよくすることを、心がけることが大切です。

 

②音読は正確さ

音読の設問では、発音が正しいかを測っているので、音の正確さが大切です。

 

そのため、レッスンでは、

  • ニュース教材を音読する
  • 発音教材で正しい発音をまなぶ

このような対策をすることができます。

 

実際のテストでは、以下の点に気をつけて回答すると、高い点数をもらいやすいです。

  • 正しい発音で英文を読み上げる
  • アクセントやイントネーションを意識する
  • 準備時間はないので、とにかく読み上げることに集中する
  • 大きな声で発言する(モゴモゴしない、ブツブツといわない)
  • 日本人がよくまちがえる発音(RやLなど)やリエゾン(単語が続くことで音が変わる)注意する

 

正直、初心者にはわからない単語もでてくるので、ローマ字読みで対応する必要があります。

 

③プレゼンテーションは文章をつくる力

プレゼンテーションの設問では、文章をつくる力が大切です。

なぜなら、できるだけ長い文章で、あなたの意見をつたえる必要があるからです。

 

とくに、この設問からは、ビジネス要素がかなり入ってくるので、論理的に答えられればよいとされています。

 

そのため、毎日のレッスンで、

  • ビジネス教材を使って、ビジネス用語に慣れる
  • できるだけ長い文章をつくってはなす練習をする
  • ディスカッション教材で、意見を伝える練習をおこなう
  • 論理的に回答できるように、思考力をきたえる(こたえ+理由をセットに)
  • PREP法を意識する(結論(Point)→理由(Reason)→例(Example)→結論)

このような練習をつみかさねることで、対策を行いましょう。

 

テスト中は、

  • 条件をかならず伝える
  • 制限時間までの時間をフルにつかう
  • PREP法を意識して、できるだけ論理的につたえる

このような点を意識しましょう。

 

ビジネス教材は、ビジネス英会話コース(日常会話コースよりも料金高め)を受講することで、確認することができます。

>>ビジネス英会話の口コミを見てみる

 

④グラフや図を使ったプレゼンテーションは説明力

グラフや図を使ったプレゼンテーションでは、説明力が大切です。

 

なぜなら、設問に書かれている内容を説明しながら、あなたの意見を伝えることが大切だからです。

そのため、まずは説明ができないと場合は、高い点数をとることがむずかしくなります。

 

日頃のレッスンで行えることとしては、

  • ビジネス英会話コースで、単語や表現を練習する
  • ニュース教材をつかって、ビジネスに関心を持つ
  • 文法教材で、説明をするときにつかえる文法力をきたえる(とくに、比較級・最大級・同格)

 

すこしでも点数をあげるには、

  • 比較級・最大級・同格をつかって表現する
  • 図とグラフをみて、なにをあらわしているのか説明する
  • ひとまず時間があるかぎり、はなしをつなげて発言しておく
  • 数値をつかって具体性をもたせる(数値の高低、大小、増減など)
  • グラフの場合は、縦と横軸が何をあらわしているのか、をすばやく読みとる

 

この問題は、かなりビジネス要素をふくんでいるので、初心者にとっては激ムズです。

みくり
正直、「・・・」となっても無理はない > < (実体験)

 

そのため、全くわからなくても、ひとまず問題にあるような単語をつかって、発言だけはするようにしましょう。

 

⑤ロールプレーは対応力

ロールプレーは対応力が重要です。

なぜなら、与えられたトピックに対して、対話をするように会話する必要があります。

 

そのため、レッスンをとおして

  • フリートークで会話力をみがく
  • 講師にきかれたことをすぐに答えられるようにする
  • ディスカッション教材をつかって、考えや意見をつたえる練習をする

 

また、テスト中は、

  • こたえを正確につたえる
  • 回答時間をいっぱいまでつかう
  • ハキハキと抑揚をつけて回答する
  • しっている単語や表現を幅広くつかう

このような点を意識して受けるようにしましょう。

 

【おまけ】テストを受ける直前にできること

テストを受ける直前は、以下の対策をしてみましょう。

  • 英語を音読しておく
  • 日常会話教材やニュース教材などの英文に目をとおしておく
  • 1.5倍くらいの英語の音声をきいて、英語耳にしておく(YoutubeやPodcast)

 

この2つをしておくだけでも、スピーキングテストの結果がちがってきます。

ぜひやってみてくださいね!

 

早速テストをうけてみたい方は、こちらから受けてみてください。

>>いますぐレアジョブ英会話で、「PROGOS」を受けてみる!

 

レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」の特徴・注意点

レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」の特徴と注意点を伝えます。

  1. レベルチェックよりも正確に測ってくれる
  2. ビジネス英語力を測ってくれる
  3. 世界標準指標CEFRに基づいた総合評価
  4. 毎月1~2回無料で受けられる
  5. 予約が不要で24時間いつでも受けられる
  6. 結果は最短2~3分でわかる
  7. どの端末でも受講できる

くわしく解説します!

 

①レベルチェックよりも正確に測ってくれる

レアジョブの無料体験の1回目のレッスンで受けるレベルチェックよりも、正確に測ってくれます。

 

レベルチェックの内容は、こちらにまとめています!

>>【判定甘め?】レアジョブのレベルチェックで聞かれた質問と受けた感想

 

なぜなら、レベルチェックでは、講師が総合的な英語力を図るだけなのに対して、

スピーキングテスト「PROGOS」では、 AIが6つの指標に沿って採点するからです。

 

この6つの指標とは、

  • 表現の幅
  • 正確さ
  • 流暢さ
  • やりとり
  • 一貫性
  • 音韻

この6つをもとに採点してくれることから、あなたの得意・苦手分野がわかるようになります。

それらがわかることで、集中的に苦手を克服することができ、より効率的に英語学習を進めることが可能です。

 

②ビジネス英語力を測ってくれる

このスピーキングテスト「PROGOS」は、ビジネス英語力を図るために作られたシステムです。

 

なぜなら、TOEICなどのテストで「聞く・読む」のスキルを測ることができても、どの英語力でも共通して測れるスピーキングテストはありませんでした。

 

ビジネス英語力を測るので、テストレベルは中級者以上向けとなっています。

そのため、初心者が受けると、かなり難易度が高いです。

 

ただ、英語力をのばすには、定期的にレベルをたしかめながた、学習を進めるほうが効率的にまなべるので、初心者でもどんどん利用していくべきシステムですよ。

 

レアジョブには、ビジネス英会話コースもあるので、対策は可能です!

>>レアジョブのビジネス英会話の口コミ【本当に効果がでるのか徹底検証】

 

③世界標準指標CEFRに基づいた総合評価

世界標準指標CEFRに基づいた総合評価をしてくれます。

このCEFRとは、あなたの英語習得・運用度合いを測ってくれる基準です。

 

かんたんにいうと、どれだけ英語を理解し、使っているか、ということ。

 

これは、ヨーロッパで設けられた基準のひとつで、いまでは日本だけでなく、海外でも使われている指標となっています。

 

ただ、普段の生活のでは「この指標が〜」というふうには使いませんが、あなたの英語力を示すための指標にはなります。

ちなみに将来的には、TOEICはこのPROGOSに変わっていく勢いと言われています。

 

すこしでもいい点数を取りたい方は、問題形式になれるためにも、今すぐはじめて、周りとさをつけましょう!

 

④毎月1~2回無料で受けられる

毎月1~2回無料で受けることができます。

みくり
これはかなりの朗報!!

 

この無料で受けられる回数に幅があるのは、受講コースによって異なるからです。

無料受験回数コース
1回日常会話コース
2回
  • ビジネスコース
  • 中学・高校コース

 

それぞれの回数分だけ、スピーキングテストをうけることが可能です。

 

 

もし、無料で受けられる回数以上のスピーキングテストを受けたい場合は、料金を支払うことで可能です。

テストの料金は、3,478円(税込)しますが、「あんしんパッケージ」を利用することで、70%オフの1,078円でうけることができます。

 

ちなみに、この「あんしんパッケージ」は、毎日のレッスン予約やカウンセリング機能も付いています。

サポートをしてもらいながら、英語力をのばしたい人には、かなりおすすめです。

 

「あんしんパッケージ」をつけるメリットやデメリットは、こちらの記事に書いています。

>>【必見】レアジョブのカウンセリングが必要な人は〇〇!メリットと受け方も紹介

 

⑤予約が不要で24時間いつでも受けられる

予約が不要で24時間いつでも受けることができます。

そのため、時間や予約状況にしばられることなく、テストを受けることが可能です。

 

しかも、スピーキングテストの受け方はかんたんで、チケットを取得すれば、すぐに受けられます。

>>チケットの取得方法はこちら(ページ下に飛びます。)

 

⑥結果は最短2~3分でわかる

結果は最短2~3分でわかります。

AIが測ってくれているので、仕事も早いですね。

みくり
恐るべきAI!!

 

 

しかも、ィードバックやアドバイスの内容がていねいに書かれていることも最大のメリットです。

 

さきほど紹介した6つの指標をもとに、CEFR準拠のレベルと、それぞれの

  • フィードバック
  • 具体的な学習アドバイス
  • おすすめの教材

このような内容がかかれています。

 

⑦どの端末でも受講できる

このスピーキングテスト「PROGOS」はどの端末でも受講できるようになっています。

そのため、パソコンを持っていない方でも、普段のレッスンを受けるように、スマホやタブレットからテストを受けられます

 

みくり
気軽に受けられるのは、すごくいいね。

 

レアジョブのホームページには、以下のPC機能と推奨環境をおすすめしています。

推奨
OS
  • Windows(Windows7以上を推奨)
  • Android OS(5.1以上)
  • iOS(12以上)
  • iPadOS(13以上)
ブラウザ
  • Google Chrome(モバイル版含む)
  • Mozilla Firefox(モバイル版含む)
  • Safari(モバイル版含む)
  • Microsoft Edge

 

基本的には、日頃のレッスンが受けられるのであれば、特に問題はないはずです。

ですが、テスト中にトラブらないためにも、事前に、環境は確認しておきましょう。

 

みくり
さっそく「PROGOS」を受けて、あなたの英語力をたしかめてみよう!

 

 

>>さっそくレアジョブ英会話で、スピーキングテストを受けてみる!

 

レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」を受けた感想・口コミ

レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」を受けた感想と口コミをおつたえします。

  1. 無料だからリスクなし
  2. 英語中級者でもむずかしい
  3. 初心者は、最低限だけを答える努力をする
  4. 毎月スピーキングテストは受けるほうがいい

一つずつ解説します。

 

①無料だからリスクなし

スピーキングテストは、無料だからリスクはまったくありません。

「お金払ったのに、ぜんぜん答えられなかった…」など、後悔する必要がなくなります。

 

このような英語力をはかるテストって意外とたかいですよね。

目安として比較すると、

テスト料金
TOEIC スピーキング& ライティング10,450円
VERSANT5,500円
IELTS25,380円

※もし、レアジョブでお金を払って受けるにしても、MAX3,278円で受講可能です。

 

このようにお金を払うとなると、すこしハードルも上がるので、頻繁にも受けることができないですよね。

 

でも、レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」は、無料で受けられるので、毎月レベルを確認しながら日々の成長を数値として表せます。

 

②英語中級者でもむずかしい

英語中級者でも、むずかしいです。

やはり、ビジネス要素が強いテストなので、日常会話を行うようにはいかない点もあります。

 

とくに、設問④は、図やグラフなどをつかった内容となるので、慣れも必要です。

 

そのため、さきほどお伝えした対策をしないと、対応するのがむずかしいでしょう。

 

ビジネス英会話コースについては、実体験の感想と口コミをこちらの記事にまとめました。

>>レアジョブのビジネス英会話の口コミ【本当に効果がでるのか徹底検証】

仕事での評価が上がったり、チャンスが広がったりするなど、効果は大ありです。

 

③初心者は、最低限だけを答える努力をする

初心者は、最低限だけをこたえる努力をすることが大切です。

それに、何度もいうように、英語初心者にとっては、かなりむずかしいテストになっています。

 

初心者がすこしでも点数をかせぐべき設問は、設問1と2(インタビューと音読)です。

 

設問の3〜5は難易度がたかく、質問自体も理解できないということも、ふつうにありますので、落ち込まないでください。

ただ、どんなにわからなくても無言にならず、単語単語をならべて、すこしでもつたえようとする努力をしましょう。

 

④毎月スピーキングテストは受けるほうがいい

毎月スピーキングテストは受けることをおすすめします。

 

なぜなら、英語力を伸ばすには、

  • 定期的にあなたの弱点をたしかめて、なくしていく
  • 伸びた部分をたしかめながら、モチベーション維持をする

これらのことが大切になります。

 

あなたひとりだけでは、英語力を判断して、あなたの弱点を潰してくことはむずかしいです。

でも、あなた以外の人から指摘してもらうことで、その弱点を集中的に克服するための学習ができます

 

 

また英語力アップには、モチベーション維持がとにかく大事です。

どれだけ、学習のための教材や講師が整っていても、あなたのモチベーションがなければ、英語はのびません。

 

⑤日頃から考え・意見をつたえる練習をする

日頃から考え・意見をつたえる練習をすることが大切です。

 

日々のレッスンで、ただ単に教材に書かれた英語だけを読んでいるだけでは対応できません

そのため、レッスンの時だけにかぎらず、日頃から考え・意見を伝えるような練習を積み重ねることが大切です。

 

とくに設問3と4は、意見を伝えられないと、点数をとることはむずかしいです。

 

 

このような点を意識して日頃から取り組むようにしましょう。

スピーキングテスト「PROGOS」の受験は、こちらから!

 

レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」を受け方・流れ

レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」を受け方・流れを紹介します。

まず、全体的な流れとしては、

  1. マイページにログイン
  2. 「スピーキングテストチケットの取得をこちらから」をクリックして、チケットを取得
  3. スピーキングテストを受験する
  4. 結果を確認する

 

かんたんに受けることができるので、安心してくださいね。

 

①マイページにログイン

まずは、マイページにログインをしましょう。

>>レアジョブ英会話マイページログインする!

 

②「スピーキングテストチケットの取得をこちらから」からチケットを取得

マイページの右下に「スピーキングテストチケットの取得をこちらから」と表示されているので、そこをクリックして、チケットを取得をします。

※一度でも受けたことがあると、このように「結果はこちらから」という文字も表示されます。

 

③スピーキングテストを受験する

チケットを取得後、ガイダンスとして注意事項の確認や通信環境の確認画面が表示されます。

 

基本的には、「次に進む」をクリックします。

マイクテストをしたあとに、「受験を開始」というボタンが表示されたら、スピーキングテストが始まります。

 

スピーキングテストをしっかり受けましょう!

 

④結果を確認する

テスト受けて、しばらくしたら、テスト結果を確認しましょう。

先ほどと同じように、マイページ上に、以下のように表示されています。

 

「結果はこちら」から結果をたしかめましょう。

 

めんどうな申し込みはないので、すぐに受けることが可能です。

 

今すぐスピーキングテスト「PROGOS」の受験をしたい方は、こちらチケットをゲットしましょう!

 

もし、無料体験レッスンを受けていない方は、「【レアジョブ】無料体験レッスンの期間・登録方法・受け方」にくわしい方法をかいています!

 

今すぐ、レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」をうけてみよう!

この記事では、レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」の内容と対策・コツをまとめました。

 

レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」が無料で受けられるようになったので、かなり受けやすくなりました。

 

再度まとめると、

レアジョブのスピーキングテスト「PROGOS」の内容は、

  1. インタビュー
  2. 音読
  3. プレゼンテーション
  4. グラフや図を使ったプレゼンテーション
  5. ロールプレー

 

また、以下の5つを意識しながら対策が必要です。

  1. インタビューは瞬発力
  2. 音読は正確さ
  3. プレゼンテーションは文章をつくる力
  4. グラフや図を使ったプレゼンテーションは説明力
  5. ロールプレーは対応力

 

PROGOSの内容を知らずに受けると、悲惨な結果がかえってくる可能性がたかいですが、きちんと対策をして受講すれば、点数は上がります。

 

この記事でおつたえした今すぐはじめられる対策や、少しでも高い点数をとるためのコツを理解した上で、日頃から英語学習をすすめましょう。

 

英語学習はかんたんではないですが、このレアジョブの無料でうけられるスピーキングテストを利用して、少しでも効率よく英語力を上げていきましょう。

今すぐスピーキングテスト「PROGOS」の受験をしたい方は、こちらチケットをゲットしましょう!

 

こちらの記事も読まれています。

関連記事

この記事では、レアジョブのビジネス英会話の口コミをまとめています。実際にビジネス英会話コースを受講したわたしが、効果を検証していきますね!初心者ぽっぽどんな口コミがあるの?どんな効果がでる?&nb[…]